photo

兵庫県加西市、馬渡谷町。
GRAPHのデザインやものづくりは、この緑豊かな田舎町で生まれています。

1933年にこの場所で創業した「北川紙器印刷」が、GRAPHのルーツです。
さまざまなジャンルの印刷や、パッケージなどの加工品を手がける“函屋”(はこや)として、歴史を重ねてきました。

しかし、印刷業は黒子的な商売であり、手がけた印刷物に社名が載ることもなく、職人たちが一生懸命つくった印刷物が、翌日にはゴミとして捨てられているのを目の当たりにすることもありました。

そこから生まれたのは、「捨てられない印刷物をつくりたい」という思い。
印刷物に新しい付加価値を与えるため、1989年にデザイン部門を設け、GRAPHへと社名変更して再スタートを切りました。

以来、「Design×Printing=GRAPH」をコンセプトに、人の心に響くコミュニケーションデザインを創造しています。
ものづくり、デザイン、ブランディングなど、さまざまなジャンルにおいて、プロジェクトの意義を理解したうえで、その在り方を見据え、世の中に響く仕掛けと仕組みをご提案いたします。