Design × Printing = GRAPH

デザイナーの膨らませたイメージ。それは豊かで多様性に富んでいます。デザイナーはそのデザインをひとつの仕様書に落とし込み、印刷の現場にあとを託します。しかし、現場の知恵を借りたいのは実は仕様書を決めるまえだったりするのではないでしょうか。具現化の実作業を受け持つ印刷現場。その手法ごとにさまざまな表現を知っています。デザイナーの意図を反映させるべくイメージのポイントは仕様書の内容を忠実に守るだけではなく、入稿する前のデザイン段階にあり、それを知りたいと思ったりもします。
グラフィックは常にオーダーメイドです。デザイナーの豊かなイメージと印刷加工の豊かな表現方法、それらを掛け算することは作業工程の“前提となる基礎”にあたるのです。その基礎は案件ごとに作られる必要があります。それには知恵、創造力、技術、素材など全てを掛け合わせなければなりません。そしてその掛け合わせたものから明確で最良な方法を導きだし、作業工程を進むのです。現場を唸らせるようなイメージとデザイナーを唸らせる表現方法。GRAPHはいつも、その完全なマッチングを追求しています。

製版

GRAPHの仕事は、お客様の想いに対する“興味”から始まります。徹底したカラーマネジメント技術や独自の画像変換ノウハウに、お客様のイメージをくみとれる翻訳能力を合わせて印刷に最適なデータを作成します。色再現にこだわった写真家や海外ブランドのお客様など、多くの方から信頼を頂いています。

印刷

GRAPHのものづくりの根幹は、印刷現場にあります。創業の昭和8年以来、長年培ってきましたノウハウを元に、インキと紙を選び、さまざまな特性や利点がある印刷技術から最適な技法をご提案いたします。例えばオフセット印刷、活版印刷、シルク印刷やインクジェット大判出力など。

調肉

創造力が究極に追求されるものづくりの現場です。印刷のインキの発色は、まったく同じインキを使っていても印刷する紙の質によって大きく異なります。GRAPHでは、紙やインキの特性に精通した調肉スタッフがインキの色を丁寧に手で調合し、職人技術と細やかな感性をもって、オリジナルの色を現場で作成しています。

加工

バリエーションが豊富な箔押し、薄物から厚物まで対応できるエンボス(紙の裏面を押し上げて浮かす方法)やデボス(紙を凹ませて表現する方法)、細かく丁寧な型抜き(紙をくり抜く加工方法)など、それぞれの表現には深みと美しさがあります。折り目、つなぎ目などディテールまで繊細な箱づくりなどは手に触れて頂きたいものです。その他特殊製本など。

印刷をメールで相談

T 0790 45 0800 本社
T 03 5489 6931 東京